完全無添加石鹸のアレッポ石鹸を販売【魂の商材屋】

アレッポ石鹸の製造工程 アレッポの石鹸のお客様の喜びの声 アレッポ石鹸を購入 アレッポの石鹸の御販売について

アレッポの石鹸は数千年の歴史と伝統製法を受け継ぐ。アレッポの石鹸は、無添加石鹸、ナチュラルスキンケア志向派から絶大な支持をいただいている
完全無添加石鹸の代表格です。

アレッポの石鹸のQ&A


アレッポの石鹸について、お問合せの多い質問とその回答をまとめてみました。ご参考にしてみてください。

Q1.アレッポの石鹸は、ノーマルとEXTRA40のどちらがいいの?
Q2.アレッポの石鹸を使っていると徐々にグリーンになってきましたが、成分変質ではないの?
Q3.どうして2年乾燥させるの?
Q4.市販の石鹸はつっぱり感があるのにアレッポの石鹸はつっぱらず汚れを良く落とせるのはなぜ?
Q5.市販の石鹸に比べてアレッポの石鹸は溶けやすく、泡だちもそんなに良いとは思いませんが・・・
Q6.アレッポの石鹸には酸化防止剤・防腐剤などの化学添加物は入っていませんか?
Q7.赤ちゃん、乾燥肌、敏感肌にも使ってよい石鹸ですか?
Q8.洗顔・ボディ以外にもざまざまな用途で使えるようですが・・・


Q1.アレッポの石鹸は、ノーマルとEXTRA40のどちらがいいの?

お客様からよくいただく質問の中で多いのがこれです。

魂の商材屋の店長佐藤はどちらも好きですが、仕上りについては大きな違いはないように感じます。ただ、お肌のお悩みを持たれている方やアレッポの石鹸のリピーターさんは、圧倒的にエキストラをご購入されるケースが多いようです。

アレッポの石鹸のノーマルとエキストラの違いは、原料である「オリーブオイル」と「月桂樹(ローレル)」の含有率です。

ノーマルタイプは、『オリーブ約90%・ローレル10%』、エキストラ40は、『オリーブ約60%・ローレル40%』です。

私、店長の私見ですが、保湿性を若干重視されるのであればオレイン酸やスクワレンのたっぷり入ったオリーブオイルの含有率の高いノーマルタイプが良いのかもしれませんし、トラブル肌などでお悩みがある方にはエキストラ40が良いのではないか、と考えます。

ですが、お肌の感触は個々人様々ですので、最初は、どちらが自分に合うか実際に試していただく方がベターかと存じます。まずは価格がややお手頃のノーマルタイプで、または、1個づつお試しになられてみてはいかがでしょうか?

Q2.アレッポの石鹸を使っていると徐々にグリーンになってきましたが、成分変質ではないの?

成分変質ではございません。

アレッポの石鹸は、乾燥させる前は全体がグリーンですが、自然乾燥させると外側から徐々に茶系の色に変わっていきます。

これはアレッポの製法によるものです。一番搾りである「エクストラバージンオイル」は食用としては最高のグレードですが、食用オイルを絞った後、残ったオリーブの果皮や種を入れてもう一度搾るという工程を経た油を使用しています。

この油は、保湿成分のスクワレンを多く含んでいる上にけん化しやすい(石鹸になりやすい)ので石鹸に向いているのです。さらに果皮や種子のエキスもたっぷり含まれます。よってこの出来立ての石鹸の色は緑色で、緑色はオリーブの果皮や種子の色素なのです。

※「アレッポの石鹸」は厚生労働省の認定機関において定期的に厳重に品質チェックしています。

Q3.どうして2年乾燥させるの??

何世紀にもわたるシリアの石鹸製造の伝統と歴史から、熟成2年は理想の年月とされているのです。

使い心地、香り、色合い、手触り等どれひとつとっても熟成不足の石鹸とは雲泥の差があります。

具体的には、無駄な水分が抜けてPh値ががより弱アルカリ性に進んだ、しっかりした石鹸となります。

※アレッポの石鹸のPh値は10.1〜10.4前後の弱アルカリです。

Q4.市販の石鹸はつっぱり感があるのにアレッポの石鹸はつっぱらず汚れを良く落とせるのはなぜ?

オリーブオイルは人肌の持つ脂質に最も近いオレイン酸を豊富に含んでいるので、肌に親しみやすく、汚れをよく落とします。

しかも、オリーブオイルたっぷりの石鹸は保湿成分であるグリセリンを豊富に含んでいるので、洗い上がりのお肌に潤いを残すので、肌触り滑らかになるのです。

Q5.市販の石鹸に比べてアレッポの石鹸は溶けやすく、泡だちもそんなに良いとは思いませんが・・・

市販の石鹸のように凝固剤や泡立ちを良くする発泡剤等の化学添加物を一切入れておりません。

それで、一般的な石鹸に比べると溶けやすく、泡立ち今一つ?のようにお感じになられたと思います。

逆に、これが純粋な自然石鹸(完全無添加石鹸)の証明なのです。

石鹸製法は市販の石鹸のような機械練りではなく枠練製法ですので、石鹸がつくられる過程でできる天然グリセリン(保湿成分)が自然な形でたっぷり含まれているのも溶けやすさに繋がっている理由と思われます。

また、溶けやすさは、ご使用後の保管状況に依る場合もございます。

ご使用後は、泡や水気をよく切ってから石鹸置きに置いてください。石鹸置きの中に水が溜まっている場合は捨ててください。

そして比較的換気の良い場所に置いてください。

ですが、 長年使っていると溶けやすいことをまったく気にしなくなってきます。(メリットのほうが大きいので)

Q6.アレッポの石鹸には酸化防止剤・防腐剤などの化学添加物は入っていませんか?

アレッポの石鹸は、完全なる無添加石鹸です。

完全無添加石鹸とは、一部の化学合成添加剤が無添加ではなく、防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・発泡剤・凝固剤・着色料人工香料などが一切添加されておりません。

一般的な石鹸においては、あらかじめ酸化防止剤(BHTなど)を油脂に含ませておくことで、全成分表記上には掲載しなくても良いという国のルールがありますが、アレッポの石鹸はこのようなキャリーオーバーさえ一切ございません。

また昨今、着色料や香料等の一部が無添加ということで、無添加石鹸を謳う石鹸も増えていますが、 アレッポの石鹸のような完全なる無添加が“本当の無添加石鹸”といえるのです。

Q7.赤ちゃん、乾燥肌、敏感肌にも使ってよい石鹸ですか?

もちろんです。超おススメできます!

今まで書いてきましたようにアレッポの石鹸は、成分安心な完全無添加で、保湿にも優れていますので、肌質・性別・年齢不問で安心してご使用頂けます。お肌の弱い方や赤ちゃんに安心してご使用頂けます。

赤ちゃんに市販のベビーソープを使わせるなら、無条件でアレッポの石鹸をおススメします!店長佐藤はこのように考えております。

Q8.洗顔・ボディ以外にもざまざまな用途で使えるようですが・・・

おっしゃられる通りです。アレッポの石鹸1個で様々な洗浄でお役に立てます。

ボディ洗いや洗顔はもちろん、メイク落し・洗髪(固形石鹸シャンプー)・男性の髭剃り・シャツの襟元の汚れ落し・食器洗い・歯磨き等が出来ます。
また、タンスに入れて防虫剤の代用としても利用できます(この場合アレッポのEXTRA40をおススメ)。

メイク落としにつきましては、ポイントメイク等には対応できませんが、普通のメイクでしたら2回洗顔でクレンジング代用可能です。また、アレッポの石鹸があれば洗顔料や洗顔専用石鹸も不要となることでしょう。

また髭剃りにおいては実になめらかな剃り心地と潤いある仕上りを味わえます。一度お試しになられたらきっとヤミツキになること請け合いです。もうシェービングフォームは不要となりコスト削減にもなります。

食器洗いにおいても安心安全で洗浄可能です(少々もったいないですが)。

また、味の好き嫌いはあるでしょうがハミガキにもご使用頂けます。ご興味のある方はどんな味がするのか1度試してみるのも宜しいでしょう。

まだまだ用途はあるでしょうが、あなたなりの使い方でアレッポの石鹸を存分に有効活用してください。

アレッポの石鹸は数千年の歴史と伝統製法を受け継ぐ。アレッポの石鹸は、無添加石鹸、ナチュラルスキンケア志向派から絶大な支持をいただいている
完全無添加石鹸の代表格です。

アレッポの石鹸なら、キャリアと実績の『魂の商材屋』でお求めください!

アレッポの石鹸ノーマル
【オイル配合率】
オリーブオイル90%
ローレルオイル約10%
アレッポの石鹸(ノーマル)を購入する
アレッポの石鹸ノーマル
【オイル配合率】
オリーブオイル60%
ローレルオイル約40%
アレッポの石鹸(エクストラ)を購入する
アレッポの石鹸ノーマル
【オイル配合率】
オリーブオイル98%
ローレルオイル約2%
アレッポの石鹸(ノーマル)を購入する
アレッポの石鹸の卸販売も行っております! 
ご興味ある法人・個人事業主様はお問い合わせください
やさしいオーガニック無添加がございます。オーガニック無添加の食品・石鹸・シャンプー・化粧品はいかがでしょうか?
魂の商材屋トップに戻る


アレッポ石鹸の製造工程 アレッポの石鹸のお客様の喜びの声 アレッポ石鹸を購入 アレッポの石鹸の御販売について

完全無添加石鹸のアレッポ石鹸を販売【魂の商材屋】