spc
spc
UVケアの「SPF」、「PA」とは
spc

SPFとは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にB紫外線からの日焼け防止効果の倍率を示す数値。

SPFの数値は、何も塗らない状態で皮膚が20分で日焼けするその時間を基準にしている。日焼け止めを塗ってこの時間が延長されるほど、SPFの数値が大きくなる。SPF20では、20分×20倍=400分=約7時間となり、日焼けを7時間程度まで制御できるという意味。室内にいても日焼けはするが、買い物など短時間の外出であればPF10位で十分。レジャーなどで長時間屋外にいる場合には、SFP20〜30位のものが望ましい。肌質によって防止効果は異なるので、SFP値が高くても数時間置きに塗り直したほうが良い。


PAとは、 プロテクショングレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UVA)の略で、 UVAの防止効果を表す数値です。UVAによって皮膚による黒化を指標としています。
3段階に区別され、UV対策の化粧品をつけた場合の効果の度合いをPFA値(UVA防御指数)で測定し、PFAの数値によって「PA+」によって表示します。

UVA防御指数 PFA 防止効果
PA+++ PFA2〜4 効果が非常にある
PA++ PFA4〜8 効果がかなりある
PA+ PFA8以上 効果がある

【UV対策商品の目安】

日常生活:SPF10〜20、PA+
屋外のレジャーなど:SPF20〜30、PA++ 以上


【紫外線の波長ごとの特徴】 

近紫外線 (波長 380-200nm)
UV-A
(波長315nm-380nm)
太陽光線の内5.6%通過。皮膚の真皮層に作用し蛋白質を変性させる。細胞の物質交代の進行に関係しており、細胞の機能を活性化させる。また、UV-Bによって生成 されたメラニン色素を酸化させて褐色に変化させる。サンタン(suntan)。
UV-B
(波長280nm-315nm)
太陽光線の内0.5%通過。表皮層に作用するが、色素細胞がメラニンを生成し防御反応を取る。これがいわゆる日焼けである。また UV-B には発癌性が指摘されるが発癌するのは高齢者、しかも肌の露出した部分のみというケースが多い。 サンバーン(sunburn)。
UV-C
(波長200nm-280nm)
オゾン層で守られている地表には今のところ到達しない。強い殺菌作用があり、生体に対する破壊性が最も強い。  
( 出典:ウィキペディア)
spc
健康と美の本気情報
spc