spc
spc
アルカリ?… お肌にやさしいのって弱酸性でしょ!?
spc
当店は、弱アルカリの石鹸や石鹸シャンプー等を売っているのでこんな質問がたまに来ます。

昨今、弱酸性の洗顔料、シャンプー、ボディシャンプーが大はやり!

弱酸性の洗浄成分はもれなく『合成界面活性剤であることは、もう言うまでもないですよね。

肌・髪・頭皮は弱酸性です。

だから弱酸性の洗顔料、シャンプー等は肌に低刺激。これは間違いないです。

ですが、“肌に本当にやさしいのか?”と問われれば、“まったくやさしくない”

これが当店の回答です。

世間では、「低刺激」=「肌にやさしい」がまかり通っていますが、優しくし過ぎが害にもなる!

それって人間世界でもありませんか?・・・そう、“過保護”

長く肌を “過保護”状態にすることが、逆にお肌に過酷な状況になってるであろうと考えます。

健康な肌って、たとえば石鹸(弱アルカリ)で洗って一時的にお肌はアルカリに傾きます。
しかし、健康な肌・髪・頭皮は乾けば元も弱酸性に戻ります。
これが皮膚に棲息する常在細菌がイキイキ元気に働き、肌を健康に保っている理由なのです。

ところが、毎日のように、“やさしい”と言われる弱酸性で洗っている場合はどうでしょう?

働かなくてもズーッと酸性のままでいられるので、肌は徐々に怠慢になってきます。

どういうことかというと、お肌自ら働いて活性化しようとせず、常に受身の体制。
お肌イキイキの善玉常在細菌が怠慢になり、悪玉優勢になることで、肌は本来の元気さに欠け、これが乾燥肌や敏感肌をもたらす原因の一つとも考えられているらしいのです。

これはちょうど、副腎皮質ホルモン(ステロイド)を長期にわたって服用していると副腎の機能低下をもたらす事実があるのと酷似しています。

アルカリに傾いたら自分の肌力で弱酸性に戻るのですから、その自然のメカニズムを壊す“甘やかし”などをする必要性はまったくないわけです!

これが、ちょっとのことでダメージを受けてしまう “弱々しい肌になり下がるのです!”

その甘やかしの助長が、『乾燥肌』、『敏感肌』につながると考えられ、そして弱酸なので、より皮脂の酸化のお手伝いもしているわけです。それが積もり積もって、肌や頭皮のカユミ・肌トラブル・ニキビ・吹き出物・シミ・黒ズミ等をもたらす原因のひとつと考えます。

ですから、上記のトラブル防止の意味においても『過酸化脂質』を撃退するためにも、アルカリ性の洗浄剤である石鹸を顔や全身に使う意味は非常に大きいと考えます。
さらに、店長お奨めのシェルミラックバスシェルミラックローションで負けないお肌づくりを!

 結論としてもう一度言います 


 弱酸性で肌を甘やかすな!


すると、合成界面活性剤の洗顔料&クレンジング等のメーカーからこんな反論が来そうです。

汚れた皮脂をちゃんと洗浄できるので、過酸化脂質蓄積の心配はありません!』とね。

しかし残念ながら、石鹸もそうですが、合成界面活性剤も微量とはいえ肌に残ります。

合成界面活性剤は、まだ有効な弱酸性の洗浄剤として肌に残っているのです。

どういうことかというと、石鹸はアルカリで、肌に残留しても肌が乾燥すれば弱酸になり洗浄成分としてはもう働きません。ですので「皮膚から浸透して細胞のたんぱく質変性」などないのです。

ところが、合成界面活性剤は、肌に残ってもまだ弱酸性の洗浄成分としての働きをしています。
これが、新しく出てくる皮脂の酸化を促進する要因にもなり、合成界面活性剤が化学添加物と一緒に皮膚浸透する「経皮毒」の心配の要因にもなっているのです。合成界面活性剤は、シャンプー等をしている最中もそうですが、皮膚残留についても注意しなければならないポイントはここなのです!

さらに、こんな質問も来そうです。

アトピーなどで肌バリアの弱っている人は、アルカリ性にさらされると肌を弱酸性に戻す力も弱まってるので、アルカリは避けて弱酸を使うべきなのではないですか!?

だからこそ逆にアルカリを使うべきなのです。弱酸ではお肌はいつまでたっても甘えたままです。
本来の回復力を引き出すためにもあえてアルカリでなければならないと考えます。
弱酸性のお肌は、ある面、アルカリの刺激を求めているのでは?とも思います。
多々論じても結論は出ません。実践してご自身の肌で確かめるのが一番です!



spc
健康と美の本気情報
spc